確定申告とは?

フリーランスにとっては毎年恒例イベントとなる「確定申告」
そもそも確定申告とはなんでしょうか?
確定申告を一度も経験したことがない方やフリーランス初心者、場合によっては会社員でも必要になる確定申告について、初心者向けに解説していきます。


1.確定申告とは?

確定申告とは、1月1日~12月31日までの所得に対してかかる税金の額を計算し、国に納税額を申告するための手続きです。
個人事業主の方は年末調整をするのが一般的ですが、会社員の方は年末調整で税金の調整を会社でしているので、基本的には不要です。

2.確定申告が必要なケースは?

  • 個人事業主(フリーランス)
    フリーランスとして活動している方は基礎控除額をこえるケースでは確定申告が必要となります。
    ※控除額は基本的に38万円です。
  • 2つ以上の会社から給与を受けている方
    2ヶ所以上の会社から給与を受けている場合は、「主たる給与」と「従たる給与」の2つに分類されます。
    一般的には「主たる給与」とはいわゆる本業として最も勤務時間が長い会社からの給与ということになります。
    「従たる給与」とは「主たる給与」以外を指します。
    「従たる給与」にあたる会社では年末調整ができないため、確定申告が必要となります。
  • 確定申告による控除が必要な方(医療費控除、ふるさと納税など)
    例として2つのケースをあげます。
    まずは、医療費控除が受けられる方とは、持病などで通院が多いケースや頻繁に歯医者さんに通っていて医療費が10万円を超えてしまったケースでは「医療費控除」というものがうけられます。例では10万円としていますが、厳密な計算方法があるので別途解説します。
    つぎに、昨今話題になっている「ふるさと納税」では控除の対象となります。
    会社の年末調整では納税分の手続きはしてくれないので、自分で申告する必要があります。
  • (1年目のみ)住宅ローン控除を受ける方
  • 年の途中で退職して年末調整が受けられなかった方
    年の途中で退職し、就職をしなかった場合は年末調整を受けていないため、生命保険料や社会保険料の支払いで還付が受けられる可能性があります。
  • 副業などの収入が20万円を超える方(昨今話題の仮想通貨もそれにあたります)
  • 給与所得が2000万円を超える方
    多くは「役員」の方に該当しますが、年間給与が2000万円をこえるとルール上、年末調整の対象外となるため、確定申告が必要となります。

確定申告の流れ

大まかな流れは以下の通りです。

  1. 源泉徴収票などを準備する
  2. 申告書を作成する。
  3. 作成した申告書を税務署に提出する。
  4. 納付する、または還付をうける。

確定申告の詳しい内容は別の記事で解説します。


いかがでしたか?

最近流行りの「ふるさと納税」では会社員の方でも確定申告をする方もいらっしゃいます。

お得になって「ラッキー!」な方、フリーランスとして活動していて「面倒くさい!」という方もいますね。

ネクストエッジではフリーランスを対象として「確定申告代行」を承ります。

確定申告がネックになってフリーランスとしてデビューできないという方も是非当社にご相談ください。