業務委託契約とは?フリーランスが理解すべき2つの契約形態

フリーランスとして働く上で、絶対に理解しておきたい契約形態。

一般的にフリーランスとして活動している方は「業務委託契約」が多いです。(派遣契約の場合も勿論あります)

会社員として働いている方には聞きなれない言葉かもしれません。

今回はフリーランスなら知っておくべくキーワード「業務委託契約」について解説します。

 


1.会社員とは何が違う?

 

会社員(労働者)とは、企業と雇用契約を結んで成り立つ契約の一種です。

労働者となった場合は、残業代の支給・有給休暇の取得・労災保険や社会保険の適用など労働法による保護を受けられます。

 

上記で挙げた内容はフリーランスには無いものなので、一般的にフリーランスにとっての「リスク」として考えられているものです。

 

会社員との違いは、雇用契約を締結しているか否かと考えて良いでしょう。

一方のフリーランスは一定期間または案件ごとに「業務委託契約」を締結し、仕事をすることになります。

2.業務委託契約とは?

業務委託には「(準)委任契約」と「請負契約」の2つの契約形態があります。

この2つの違いは、指揮命令権と成果物の考え方が異なります。

 

  • (準)委任契約
    業務を進める中で、納品物(成果物)はなく、作業をしている事が報酬の対価となる契約です。
    委任された仕事を遂行していれば成果の有無を問わずに業務の遂行を果たしたことになります。
    ただし、業務を遂行する上で他の業務が止まったなどの場合は債務不履行責任を問われる事があります。

    委任契約と準委任契約の違いは?委任と準委任の違いは「法律行為」を行うか否かです。

    「委任契約」となるケースは裁判の時に契約する弁護士です。

    開発業務などで契約をする際には「準委任契約」となるため「委任契約」について気にすることはありません。

  • 請負契約
    業務で一定の成果を上げることを約束して結ばれる業務委託契約です。
    システムエンジニアとして請負契約として受注した場合は、その過程に関知されることなく、最終的な成果物を仕上げて報酬を得る契約です。
    また、請負契約は一時的な完成ではなく、リリース(納品後)においても品質を担保していなければなりません。
    成果物にバグ(瑕疵)があった場合は無償で修正(または損害賠償)をする義務があります。

 

業務委託契約では、契約時に明示されない限りは業務を遂行するプロセスの内容は問われません。

極端な例では、自分が作業をしなくても構いません。再委託という形で別のエンジニアが業務を遂行しても構わないのです。

契約の内容によっては、出社せずに自宅で作業をするのもOKというケースもあります。

契約の際は、契約書は必ず隅から隅まで目を通して自分がなにを求められているのか把握しておきましょう。

 


 

いかがでしたか?

フリーランスとして活躍するなら最低限の知識として知っておきたい内容です。
会社員と比べると、出来ることの幅は広げなければなりませんが、その分報酬として還元されているはずです。

ネクストエッジでは、フリーランスとして活動していく上で絶対に必要な「仕事」を

完全無料で紹介いたします。

自分が持っているスキルを活かして年収を倍にすることも不可能ではありません。

本稿のような知識がないフリーランス初心者でも当社の担当が徹底してサポートいたします。