ブロックチェーン案件の動向(考察を含む)

最新技術にご興味をお持ちの技術者の皆様、こんにちは。
今回は昨今話題の「ブロックチェーン技術」を用いた案件について解説していきます。

特に「仮想通貨案件(暗号通貨案件)」は現時点で世界的な規模で関心を向けられている分野であり、当社でもブロックチェーン案件は多く扱っております。

1日で数十件も特定の案件にお問い合わせ頂くほど、フリーランスエンジニアの中でも注目されている分野かと感じています。
そんなブロックチェーン案件の動向を、注意点を含め参考として御覧ください!

※執筆は2018年6月です。
今後、目まぐるしく動く市場のため、常に情報が変わると考えてください。


■「ブロックチェーン」とは?

※Web上であらゆる情報があるため、本ページで深くは解説いたしません。
概要レベルでどんな物か想像できる程度で留めます。

ブロックチェーンとは「非中央集権型」で取引データを管理する為の技術のこと。

本稿でキーワードとして挙げる「仮想通貨」が注目されるポイントとなっている部分です。
通常お金のやり取りをする際、送金方法として銀行を利用します。

Aさんが一時的に銀行にお金を預けて、Bさんが引き出すという流れには
取引の仲介として「銀行」が中央に存在しています。この時、銀行では台帳に取引履歴を残しています。

ブロックチェーンとは銀行が上記のようにしている事をP2Pで実現する技術です。
取引データの塊をブロックと呼び、そのブロックを金融機関を介さずにユーザー同士で
管理をする技術を「ブロックチェーン」と呼びます。

銀行が一手にその管理を担うのはリスクが高いと考え、ビットコインは価値があると判断され、一時は200万円/ビットコインの値が付きました。※もちろん、総発行量など別の理由もあります。

ここでは例として「お金」を挙げていますが、この技術は様々な分野に応用できます。

中央に置く機関がなくなり、分散型ネットワークになるので、諸々のコストが抑えられる上に冗長化できてセキュリティ面も担保できる仕組みです。

 

■「ブロックチェーン開発」に必要なスキルは?

トレンドのプログラミング言語が多い印象です。

しかし、何れにしても高い技術力を求められる傾向にあり
パフォーマンスチューニングができること、一人称での設計~実装ができること。
Javaにおいても、古いバージョンからの経験があり、フレームワークに依存しないレベルでの経験が求められます。

現場内でも意識が高い技術者が多く、常に自分のスキルを高めていく精神を持てる方であれば、居心地は良いはずです。

 

1.言語

・Java(1.7以上) / Struts,Spring,seaser2
・PHP / Laravel,Fuel,CakePHP
・go言語(C, C++, Javaいずれかでも可)
・Node.js / AngularJS,Backbone.js,Express,Sails,Meteor
・JavaScript,TypeScript / Angular,React,Vue.js

2.業務知識、その他のスキル

・ビットコイン、主要オルトコインの特性を理解している
・FX、株、先物等金融のシステム構築経験
・新しい知識を学ぶ意欲
・基本設計~一人称対応可能なこと
・パフォーマンスチューニングの経験

■「ブロックチェーン案件」の単価相場は?


技術レベル、経験により幅が広い印象です。

コミュニケーションスキルに問題がない前提で、技術面で問題がなければ「70万円以上」は可能かと思います。
募集内容としては、70万円~(天井なし)という、インパクトのある領域です。

特に、ブロックチェーン技術の経験者であれば、100万円~も十分可能な範囲です。

 

■実際の案件情報

弊社では下記のような案件がございます。

(仮想通貨案件)ブロックチェーン有識者 募集案件

金融系WEBシステム ブロックチェーンエンジニア案件

仮想通貨取引所プラットフォーム・コイン開発案件

 

■こんな所は注意!その案件、ブロックチェーン関係ないかも・・・

募集内容に「ブロックチェーン」という単語が入っていても、実際はブロックチェーン技術は関係のない工程の可能性もあります。

例えば・・・
プロジェクトとしては、確かにブロックチェーンであるが、実際に参画してみると前段である「決済機能」の開発だった!等

特に、実装のみの参画だと、ブロックチェーン技術は意識しないかもしれません。

そのようなギャップを無くすには・・・面談時にディープな部分まで突っ込んで聞いてみるしかありません。
仮想通貨取引等は、商流が深くなりがちなので、数社の営業や購買部を挟むと実際の案件内容は当てにならないのが実情です。

面談は大前提として対等な立場なので、現場側を見る機会でもあります。
それほど時間を使う事でもないので、面談を並行するのがオススメです。


いかがでしたか?

ブロックチェーン技術は仮想通貨(暗号通貨)に限らず、今後の広がりに期待の分野です。
周りの技術者と違うスキルを身に着けておくのもフリーランスとして大きな強みとなります。
比較的参画しやすい今のこの時期に先行して経験しておくと将来の自分のためになりますね!

ネクストエッジでは、ブロックチェーン案件も多数ございます。

案件をご紹介するのは技術の会話もできる「元エンジニア」

多くの実績から、今後のキャリアを見据えた案件紹介も可能なエージェントです。

今は正社員として活動中という方もお気軽にご相談ください。