「開業届」とは?おいしいの?

フリーランスとして活動していくと決心したなら、必ず通るタイトルの疑問。 

開業届は必要な物なのか?必要ないなら出さなくていいの?そんな疑問を解決していきます。 

 

「開業届」とは? 

開業届とは、税務署に対して個人事業を始めたことを届ける書類です。 

一般的に「開業届」は略してビジネスの場面の会話などに登場しますが、正式名称は「個人事業の開廃業届出書」です。 

 

今日から私は個人事業を始めますよ。という宣言です。 

 

フリーランスに開業届は必須? 

結論から言うと、提出していないフリーランスもいます。 

しかし、届け出たことによる恩恵が大きいので出しておきましょう。 

開業届は提出しなかったことによる罰則はありませんが、税務面で有利なこともあります。 

 

提出するメリットは?

代表的なメリットをいくつか解説しますが、青色申告が可能になることが最大のメリットでしょう。 

開業届を提出しない場合、確定申告は「白色申告」のみとなります。 

青色申告と白色申告の違いは、別の記事で解説します。
ここでは節税効果が高いとされるものをいくつか挙げます。 

 

  • 最大65万円の控除が受けられる。
    控除の上限である65万円を受けるにはいくつかの条件がありますが、開業届を提出しないことにはそのチャンスもありません。
    控除を受けるために必要な条件は下記の記事で解説しています。 

 

  • 事業の中で発生した赤字を持ち越せる
    フリーランスには「経費」と言う費用が発生します。
    例えば、交通費(定期代を含む)やPC機器、家賃やインターネット料金など。
    経費を考慮すると、時には赤字になる年もあります。
    特にフリーランス1年目は収入が不安定で、そこから経費を差し引くと赤字ということも考えられます。
    そんな時には翌年に赤字を繰り越して黒字を均すことが可能です。これぞ。と言えるようなフリーランスの特権でしょう。 

 

  • 屋号を持てる。
    まずは、屋号とは何か解説します。
    屋号とは、本題の「開業届」を提出する際に届出ることで名乗ることができるようになります。
    ここでは「名乗る」と表現しましたが、会社員の方は株式会社ネクストエッジの酒井です。

    というように自らの所属と名前を名乗り、名刺を渡していたはずです。
    開業届を提出した個人事業主は、そのように名乗ることが可能です。
    ある程度のルールに従い命名することになりますが、ここでは割愛します。
    フリーランスとして活躍する場合、名刺を持つと有利に働く場面がありますが、もちろん名刺に屋号を記載できます。
     報酬の振込先となる事業用の口座に屋号を入れることも可能です。振込先:エッジシステムズ 酒井

    なんとなく、かっこいいですよね。モチベーションにも繋がると思います。 

いかでしたか? 

ここでは簡単にメリットを解説しましたが、項目ごとに詳しい解説ページを準備しています。 

どれもフリーランスとして知っていて損はない知識なので興味がある方は色々と調べてみてください